ここから本文です

スマート フォーツー、欧州で2016年型…ファブリックルーフ標準

レスポンス 8月6日(土)15時45分配信

ドイツの高級車、メルセデスベンツ傘下のスマートは7月22日、『フォーツー』の2016年モデルを欧州で発表した。

画像:スマート フォーツー の2016年型

新型フォーツーは2014年秋、パリモーターショー14で初公開。今回、デビューからおよそ2年が経過し、2016年モデルでは小規模な改良が加えられている。

目を引くのは、ファブリックで覆われたハードトップ。ブラックのファブリックルーフが標準装備された。高性能な「ブラバス」では、パノラマルーフかファブリックルーフが選択できる。

また、2016年モデルには、「LED&センサーパッケージ」を設定。コーナリングライト付きのフロントフォグランプが、視認性の向上にひと役買う。

カブリオレでは、ソフトトップの色に新色が登場。新たに、ライトベージュとブラウンが用意され、顧客の好みに対応している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月6日(土)15時45分

レスポンス