ここから本文です

韓国の射撃エース秦鍾午 エアピストル2連覇に挑戦

聯合ニュース 8月6日(土)13時41分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】2008年の北京五輪と12年のロンドン五輪射撃金メダリストの秦鍾午(チン・ジョンオ、36)の4度目の五輪出場が1日後に迫った。韓国国内だけでなく、世界からも秦が達成する成績に関心を寄せている。

 射撃の男子エアピストルは6日午前に行われる。秦は前大会のロンドン五輪のエアピストルで金メダルを獲得した。今大会でも優勝する場合、五輪史上初めて男子エアピストルで2連覇を達成することになる。

 秦はロンドン五輪でエアピストルと50Mピストルで金メダルを獲得した。射撃男子で2冠を達成したのは1924年のパリ五輪以来だった。

 秦は五輪でこれまで5個のメダルを取っている。リオ五輪でメダルを追加する場合、アジア選手では2人目に6個のメダルを獲得することになる。

最終更新:8月6日(土)14時55分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。