ここから本文です

忍者の巻物をイメージした黒い巨大なホットドッグがイケアに参上していた

ねとらぼ 8月6日(土)7時25分配信

 北欧の雑貨や家具がそろうイケアには、ビストロとカフェが併設されている。そこの新メニューとして、黒いホットドッグが7月から登場している。

【普通のホットドックと比較してみましょう】

 その黒いホットドッグの名は、「忍者ドッグ」。

 バンズにバゲットを使用したこのドッグは、バンズが20センチ、ソーセージ が30センチと、通常のホットドッグよりおよそ2倍の大きさ。

 「忍者ドッグ」の真っ黒な風貌は、 デトックス効果があるといわれている竹炭を練り込んであるゆえ。黒くて大きな見た目で、忍者が持っている巻物にそっくりなことから命名されたんだとか。

 イケア・ジャパンの10周年を記念して、全国のイケアストアで12月31日まで販売されている。ホットドッグと食べ比べをしてみては?

最終更新:8月6日(土)7時25分

ねとらぼ