ここから本文です

ベン・アフレック、股間ファスナー半開で赤っ恥

Movie Walker 8月6日(土)9時59分配信

ロンドン市内で行われた『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)のプレミアに出席したベン・アフレックは、レッドカーペットでは、ダンディなグレーのスーツでばっちりキメた姿で撮影に応じていたが、アフターパーティの会場に車で乗り付けた際、股間のファスナーが半分開いたままの、恥ずかしい姿で降りてくる姿を撮影されている。

【写真を見る】ベンがだらしない姿で登場!その他プレミアに集まった美女たちはこちら

英紙デイリー・メールのサイトに、ベンが焦った様子で車から降りてくる写真が掲載されているが、ズボンをはいた時にファスナーを閉めず、ベルトだけ絞めてしまったのか、それともトイレに行った後、ファスナーを上げるのを忘れたのか、だらしなく半開きになっている。

ベンは同作にバットマン役でカメオ出演しており、プレミアには『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)でスーパーマンを演じ、ベンと共演したヘンリー・カヴィルも出席していた。

この日のプレミアでは女性セレブたちのファッションもさることながら、ジャレッド・レトがグッチの鮮やかなグリーンのコートに、ピンクのパンツという出で立ちで登場し話題になった。また、カーラ・デルヴィーニュは下着が透けるシースルーのミニドレスに革ジャンという姿で登場し、いかにもモデル出身の女優らしいパーフェクトなスタイルを見せつけていた。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8月6日(土)9時59分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。