ここから本文です

『メリー・ポピンズ』続編、メリル・ストリープ新キャラで出演か?

シネマトゥデイ 8月6日(土)21時4分配信

 アカデミー賞に19回ノミネートされ、3回の受賞経験を誇る名女優メリル・ストリープが、名作映画『メリー・ポピンズ』の続編への出演交渉に入ったことが The Hollywood Reporter などによって明らかになった。

【写真】メ、メリル…!? ドナルド・トランプそっくり!

 1964年に公開された第1作目は、パメラ・L・トラヴァースの小説を基に、空から飛んできた魔法が使えるナニー(住み込みのベビーシッター兼家庭教師)のメリー・ポピンズと、ロンドンに住むバンクス家の人々との交流を描いたミュージカル・ファンタジー。続編となる『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題) / Mary Poppins Returns』の舞台は大恐慌時代のロンドンで、大人になったバンクス家の長女ジェーンと長男マイケルを描いたものになる。家族に起きた悲劇で明るさを失ってしまった彼らを助けるために、再びメリーが現れるというストーリーだそうだ。

 メリルが出演交渉をしている役は、メリーのいとこであるトップシーという1作目には出ていない新たなキャラクターらしい。これまで、メリー役に『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラント、街灯を灯す仕事をするジャック役に、人気ブロードウェイミュージカル「ハミルトン」のクリエイター兼主演を務めたリン=マヌエル・ミランダの出演が決まっている。

 本作のメガホンを取るのは、『シカゴ』『イントゥ・ザ・ウッズ』のロブ・マーシャル監督で、脚本は『ネバーランド』のデヴィッド・マギーが担当。音楽は、『ヘアスプレー』のマーク・シェイマンとスコット・ウィットマンが新曲を手掛けるそうだ。全米公開は、2018年12月25日を予定している。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

最終更新:8月6日(土)21時4分

シネマトゥデイ