ここから本文です

「Pokemon GO」効果でモバイルバッテリー出荷が倍増──米NPD調べ

ITmedia ニュース 8月6日(土)8時29分配信

 「Pokemon GO」発売(米国では7月6日)後の2週間、米国におけるモバイルバッテリーの出荷台数が前年同期間の約2倍(101%増)の120万台に上った──。米調査会社のNPDは8月4日(現地時間)、このような調査結果を発表した。

バッテリーセーバー機能(Android版)

 同社によると、Pokemon GO発売前の6週間のモバイルバッテリー出荷台数は、前年同期間のわずか4%増だった。

 Pokemon GOは、GPSの位置情報、モーションセンサー、AR(拡張現実)機能などを採用したゲームで、電力消費が激しい。NPDは「消費者は、余分な電力消費を補う方法として、モバイルバッテリーパックを購入している」と説明した。

 Pokemon GOは、米国では配信開始から1週間でピークを超えたとも言われているが、米国のモバイルゲーム史上最大のゲームとなり、ゲーム内販売による売上高は1日当たり1000万ドル(約10億円)とみられている。

最終更新:8月6日(土)8時29分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]