ここから本文です

あらゐけいいちが、フォントガイド本「もじのみほん2.0」帯イラストを担当

コミックナタリー 8月6日(土)14時54分配信

グラフィックアート情報誌・アイデア(誠文堂新光社)から「もじのみほん2.0 仮名で見分けるフォントガイド」が刊行された。帯イラストはあらゐけいいちが手がけており、代表作「日常」のキャラクターが表裏の両面に登場している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同書は2012年に刊行された「もじのみほん」の増補改訂版。文字の特徴がもっともあらわれるひらがなとカタカナを手がかりに、知りたいフォントをすぐに探せる見本帳になっている。使用頻度の高いフォント約300種を収めた旧版から、本書ではさらに約250種の書体を追加。マンガのセリフで一般的に見られる「アンチック体」の各社比較ページも用意されている。好きな作品にどのフォントが使用されているか、この本を片手に調べてみるのも一興と言えよう。

なおあらゐは、海外の有名フォント「Helvetica」に由来した作品「Helvetica Standard」を発表しており、デビュー前に印刷所で写植を打つ仕事をしていたことも明かしている。フォント本との相性は抜群の作家だ。

最終更新:8月6日(土)14時54分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。