ここから本文です

県産モモ輸出倍増へ マレーシアに13.5トン

福島民報 8/6(土) 12:15配信

 マレーシアへの平成28年度の福島県産モモの輸出量が13・5トンと、27年度の約2倍に増える見通しとなった。販売促進活動のため同国を訪問している小野和彦県農林水産部長が5日、現地輸入会社のJMGトレーディングと取引拡大について合意した。
 県産品振興戦略課によると、同社は県産モモの売れ行きの好調さを受け、取扱量を増やす。輸出量13・5トンは県産モモの輸出先ではタイ(20トン)に次ぐ規模。両国にシンガポールを加えた輸出量は35トンとなる。
 マレーシアでは首都のクアラルンプールの百貨店「伊勢丹クアラルンプール」で福島産モモのフェアを開催している。

福島民報社

最終更新:8/6(土) 12:19

福島民報