ここから本文です

生田斗真「秘密」公開日にリオ五輪開幕で「にゃー!」、岡田将生&松坂桃李もポーズ

映画ナタリー 8月6日(土)15時45分配信

「秘密 THE TOP SECRET」の公開初日舞台挨拶が、本日8月6日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、生田斗真、岡田将生、松坂桃李、栗山千明、織田梨沙、大森南朋、監督の大友啓史が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

生田は「この映画の公開と同時にリオ五輪が開幕しましたね」と日本時間で本日朝に開会式が行われたことに触れ、「個人的にはカンボジア代表の猫ひろしさんを応援したいと思っています。にゃー!」とポーズ付きで挨拶し、黄色い声援を浴びる。

続いて松坂が「いろんな感情がものすごいスピードで迫ってくる映画です。ジェットコースターに乗ったような気分を体感してください。そして……」と溜めたあと、「そっと誰かに(本作のことを)しゃべってください」とPRの協力を呼びかけると、生田は「今『にゃー!』ってやるのかと思った!」とすかさずツッコミ。松坂は思い出したように「ああ! にゃー!」とポーズを取り、登壇者たちから「さすがだね」と称賛された。

死者の記憶をもとに犯罪捜査を行う“脳内潜入”がキーワードとなる本作にちなみ、イベントでは登壇者たちが誰の脳をのぞいてみたいか聞くことに。生田は「この作品を観たら、軽々しく人の頭の中をのぞくものではないなと思いますよ」と警告しつつ、「芸術家とかアーティストの脳内を見てみたい。どういう思考回路をしていたらその作品が生まれるのか興味あります」と回答。そして岡田は順番が回ってくるも、思わず沈黙してしまう。見かねた生田が耳打ちすると、岡田は「猫ひろしさんの脳を……。にゃー!」とポーズ。予想外の答えに沸く会場に向かって、岡田は「これでお許しくださいませ」と頭を下げていた。

また物語の鍵を握る少女・露口絹子を演じた織田は、最初の挨拶で「あの、私、がんばりました」と緊張気味にアピール。そのあとも終始はにかむ織田の様子を見ていた大友は、脳内をのぞきたい人物に織田の名を挙げ、「このもじもじしてる子が(劇中で)とんでもない存在感出してますからね! どうなってるんですかね、この子は」と観客の期待を高める。最後に鏡開きで映画の公開を祝ったところで、生田が「普段見ている世界が変わる映画です。覚悟して観てください!」と呼びかけ、イベントを締めた。

清水玲子によるマンガを原作とした本作は、死者の脳に残された記憶を映像化して捜査を行う警察庁の特別機関・通称「第九」の活躍を描くサスペンス。主人公の第九室長・薪剛を生田が、第九捜査官の青木一行を岡田が、鈴木克洋を松坂が演じた。



(c)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会

最終更新:8月6日(土)15時45分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。