ここから本文です

輝く肉体美 リオ五輪開会式、トンガの旗手に注目集まる

ねとらぼ 8月6日(土)15時29分配信

 日本時間8月6日に開催されたリオ五輪の開会式。その中でトンガ王国選手団の旗手をしていた男性がネットで人気を集めているようです。

【道着姿のタウファトフアさん】

 旗手を務めていたのは同国のテコンドー選手ピッタ・タウファトフア(Pita Taufatofua)さん(32)。開会式では上半身は裸、下半身は「ta'ovala」という巻きスカートのような民族衣装をまとっていました。体にオイルを塗っていたようで、鍛え上げられた筋肉が光っており、印象に残るビジュアルです。

 Twitterには「トンガが2016年ナンバーワンの旅行の行き先になった」「今聞こえた音は、あなたの妻がトンガの旗手に向かって走っていった音だ」「トンガが金メダルを取った」などのコメントが。リオ五輪公式サイトにもピッタ・タウファトフアさんが一躍有名になったとする記事が掲載されるほど。

 タウファトフアさんは開会式前にSNSに「今夜は開会式。ちょっとしたサプライズがあるから、まばたきすると見逃すよ」と書き込んでいましたが、ちょっとどころではなく注目を集めることとなりました。

最終更新:8月6日(土)15時29分

ねとらぼ