ここから本文です

【サッカー】手倉森ジャパン初陣惨敗にハリルが!!

東スポWeb 8月6日(土)16時45分配信

 リオ五輪男子サッカー1次リーグB組初戦(4日=日本時間5日)でナイジェリアに4―5と惨敗した手倉森ジャパンの情けないゲーム内容に、日本で試合を観戦したA代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)はコメントを拒否。早くもピリピリムードを漂わせた。

 日本は崖っ縁に立たされたが、敗退となればスパルタ指揮官の怒りが爆発することは間違いない。戦前から「コンプレックスを抱いた状態ではダメだ」と五輪組のメンタル面の弱さを不安視。「日本のレベルが落ちてきている状況を認識しないといけない。特に国内リーグ。アジアでベスト8にも残れなかった。関わる人たちは疑問を持っているのか」と危機感をあらわにしていたからだ。

 MF南野拓実(21=ザルツブルク)以外は国内組で構成されたメンバーで臨んだが、世界との差を痛感させられた。ハリルホジッチ監督は「(田嶋幸三)会長と会って私の意見を伝えたい。私の言うことがうれしくない人もいるだろう」と、日本サッカー改革案を提示する予定だが、五輪で惨敗となれば、その要求の厳しさはエスカレートするはずだ。

最終更新:8月6日(土)16時45分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。