ここから本文です

ポケGOトレーナーを駆逐せよ ミニゲーム「ドードーの逆襲」を作ったファン現る

ねとらぼ 8月6日(土)22時10分配信

 自分が「ポケモンGO」のドードーになってトレーナーを撃退するゲーム「ドードーの逆襲」のプレイ動画がTwitterに投稿され、実際にプレイもできるとあって話題になっています。

【シュールなゲームオーバー画面】

 WebGL対応のブラウザ(Chromeなど)上で遊べるミニゲームとなっていて、マウスドラッグでドードーを移動。トレーナーが投げてくるポケボールを、2つの頭で跳ね返して相手に当てると得点が入ります。逆に自分の胴体に当たると即ゲームオーバー。

 シンプルなゲームと思いきや、移動させる勢いで2つの首がやたらと自由に伸びるため、うまいことボールに当てるのが非常に難しくなっています。しかも相手はミスお構いなしにポケボールをどんどん投げつけてくる始末……ガチトレーナー怖すぎ。

 少しでも胴体にポケボールが触れると、ドードー(自分)が即ゲットされるのですが、なぜか胴体だけがボールに収納され、長い首と頭はボールからはみ出たまま。その後勢いがあるとどっかに飛んでいってしまいます。もしポケGOでこんなの見たら泣いちゃうよ?

 制作者は以前に「貞子VR」を作った、たつのるさんで、ポケGOが「バグで全然捕まえられなくなったので」とこのゲームを作ったそうなのですが、なぜこの発想に至ったのか……。

 Twitterでは、このいろんな意味で難解なゲームに「シュールで爆笑してしまったw」「結局捕まっててウケる」という声が寄せられているほか、「27」「36」と高得点(?)を出す猛者も現れています。

最終更新:8月6日(土)22時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]