ここから本文です

濡れ場チャレンジの村川絵梨、瀬戸内寂聴からの手紙に涙「やってよかった」

Movie Walker 8/6(土) 17:18配信

瀬戸内寂聴による同名小説を映画化した『花芯』の初日舞台挨拶が8月6日にテアトル新宿で開催され、村川絵梨、林遣都、安藤政信、藤本泉、落合モトキ、毬谷友子、安藤尋監督が登壇。初めての濡れ場とヌードに挑戦した村川が、原作者の瀬戸内からの手紙に瞳を潤ませた。

【写真を見る】撮影初日から濡れ場!村川絵梨と林遣都が撮影秘話を明かした

瀬戸内寂聴がまだ新進作家の頃に発表し、“子宮”という言葉が多く出てくる事から、“子宮作家”と批判を浴びた問題作を映画化した官能的なラブストーリー。親の決めた許嫁と結婚した主人公・園子が夫の上司と恋をし、次第に肉体の悦びに目覚めていく姿を描く。

NHK朝の連続テレビ小説『風のハルカ』でヒロインを演じた村川が、瀬戸内寂聴本人がモチーフとされるヒロイン・園子役を演じた。村川は「思い入れがとても強い作品」と力を込め、「女の性を演じたこともなかったので、私に務まるのか不安だった。28歳になるし、やるしかない。これをやらなかったら一生後悔すると思わされた作品」と新境地への思いを明かした。

ステージでは、瀬戸内からの手紙が披露された。手紙には「あれから大方60年も過ぎた今」と問題作として批判を受けてからの年月を振り返り、「こうして魅力あるすてきな映画にしてくださって、夢のようです。かかわってくださったすべての方々に深く深く感謝申し上げます。特に全力で熱演してくださったヒロイン役の村川絵梨さんありがとう」と瀬戸内からの温かな言葉が綴られていた。村川は涙を浮かべ、「うれしくて込み上げてきました。心底、やってよかったと思いました」と感激しきりだった。

村川の相手役となった林は「会ってすぐに体を交わらせるシーンだった」と撮影初日から濡れ場のシーンとなったことを告白。「嫌われてもいいという覚悟でぶつかっていきました」と続けると、村川は「真摯に役に向き合い、思い切りぶつけてくれた。大好きです」と林を「戦友」と評した。

また、安藤は「『ROOKIES』から村川絵梨の大ファン。(共演できて)いつ役者を辞めてもいい」とジョークを交えながら、村川への愛を激白。村川は「大ウソ!」と笑顔を見せるなど、キャスト陣の仲の良いやりとりに会場からも笑いが起こっていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:8/6(土) 17:18

Movie Walker