ここから本文です

村川絵梨 瀬戸内寂聴氏から感謝の言葉 「全力で熱演してくださった」

デイリースポーツ 8月6日(土)16時23分配信

 女優の村川絵梨(28)が6日、都内で主演映画「花芯」の初日舞台あいさつを行った。作家・瀬戸内寂聴氏(94)の小説が原作で、初のぬれ場に挑戦している。

 夫役の林遣都(25)とは会ってすぐに体を合わせ、愛人役の安藤政信(41)とは撮影初日にハードなキスシーンがあったという。林が「負けられないな、と僕もさらけ出した」と語れば、村川は「戦友だと思ってます」と笑顔を浮かべた。

 サプライズで読み上げられた瀬戸内氏の手紙では「捨て身の特に全力で熱演してくださった村川さんありがとう」と感謝の言葉を贈られた。ほっとしたような笑顔を見せた村川は「うれしくて、こみ上げてきました。やってよかったなって心底思いました」と喜んでいた。

最終更新:8月6日(土)16時29分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。