ここから本文です

日本ハム・大谷が2年ぶり1試合2発 七回に16号2ラン「いい感じに打てた」

デイリースポーツ 8月6日(土)16時44分配信

 「ソフトバンク-日本ハム」(6日、ヤフオクドーム)

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が、1試合2本塁打をマークした。1-0の三回、左翼ホームランテラスに15号2ランを放つと、5-1の七回にはバックスクリーン左へ16号2ランをたたき込んだ。

 七回は1死二塁でソフトバンク2番手・嘉弥真と対戦。カウント1ボールからの2球目を捉え、軽々とスタンドまで運んだ。この試合2発目、4打点目となった。1試合2発は2014年7月5日ロッテ戦以来2度目。「打ったのは真っすぐかシュートだと思います。特に真っすぐを狙ってたわけではないんですけど、いい感じに打てたと思います。2本目の方が感じはよかったですね」とコメントした。

 ソフトバンク戦の本塁打は、16本塁打のうち、半数の8本。負けるか引き分けでソフトバンクにマジックが点灯する試合で、大谷が大暴れした。

最終更新:8月6日(土)17時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)