ここから本文です

広島・黒田がグラブを叩きつけて怒り露わに 11安打3失点で5回降板 「打たれたら悔しい」

デイリースポーツ 8月6日(土)23時26分配信

 「広島2-3巨人」(6日、マツダスタジアム)

 広島の黒田博樹投手がNPB復帰後ワーストとなる11安打を浴び、5回3失点で7敗目を喫した。

 初回1死一、三塁で阿部、村田を打ち取り無失点発進したが、2-0の二回に1失点。2-1の五回は先頭・長野の二塁打をきっかけにピンチを招くと坂本の右前適時打で同点。さらに村田の中越え適時二塁打で逆転を許した。

 五回を投げ終えると、グラブをベンチにたたきつけて悔しさをあらわにした右腕。試合を振り返り「立ち上がりの状態は悪くなかったが、回を追うごとにコントロールミスが多くなった。グラブ?戦っているので、打たれたら悔しいです」と言葉を並べた。

 緒方監督は五回での交代について「本人はもう1、2回は行きたかったと思うけど。球数が増えていったから。でもランナーを出しても粘って投げてくれたと思う」と話した。

最終更新:8月6日(土)23時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。