ここから本文です

女子48キロ級・近藤、一本勝ちで初戦突破

デイリースポーツ 8月6日(土)23時44分配信

 「リオ五輪・柔道女子48キロ級・2回戦」(6日、カリオカアリーナ)

 21歳の近藤亜美は初戦で、カルリージョ(メキシコ)と対戦し、一本勝ちで準々決勝へ進出した。

 初めての五輪とあって、序盤は緊張気味の近藤。武器の払い腰も相手に警戒され、なかなか、ポイントが奪えずにいたが、相手への指導で優位に立つと、終了間際に横四方固めで一本勝ちを奪った。

最終更新:8月7日(日)0時23分

デイリースポーツ