ここから本文です

長岡望悠チーム最多19得点!初五輪も気負いなし 黒星発進の中で光明

デイリースポーツ 8月7日(日)0時43分配信

 「リオ五輪・バレーボール女子、日本1-3韓国」(6日、マラカナンジーニョ)

 日本は先発した長岡望悠(久光製薬)が、チーム最多の19得点と奮闘した。初の五輪にも「緊張感はあったが、そんなものだと思ってプレーした」と気負いはなし。

 エース格へと成長した25歳のサウスポーは「初戦を落としたが、目標もやるべきことも変わらない。次の戦いに向けて準備するだけ」と前を向いた。

最終更新:8月7日(日)0時46分

デイリースポーツ