ここから本文です

女子48キロ・近藤、逆転勝ちで準決勝へ

デイリースポーツ 8月7日(日)0時55分配信

 「リオ五輪・柔道女子48キロ級・準々決勝」(6日、カリオカアリーナ)

 21歳の近藤亜美(三井住友海上)が逆転勝ちで、ガルバドラフ(カザフスタン)を下し、準決勝進出を決めた。

 近藤は相手との接触でコンタクトレンズが外れるハプニングが。攻めあぐねていた近藤は相手の裏投げで技ありを奪われ、窮地に立たされた。残り1分を切ってから、初戦でも見せた横四方固めで一本勝ち。ワンチャンスを生かして、金メダルへ一歩前進した。

最終更新:8月7日(日)3時38分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]