ここから本文です

小関、北島氏の記録に100分の1秒で準決勝へ

デイリースポーツ 8月7日(日)3時29分配信

 「リオ五輪・競泳男子100m平泳ぎ・予選」(6日、五輪水泳競技場)

 小関也朱篤(24)が自己ベストの58秒91をたたきだした。北島康介氏の日本記録58秒90に100分の1秒に迫る記録で、準決勝進出を決めた。

 序盤から積極的な泳ぎを見せた小関は、4組1着でフィニッシュ。全体で2位の記録だった。

 渡辺一平は予選敗退となった。

最終更新:8月7日(日)3時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]