ここから本文です

内村「落下するところじゃない」悪夢の屈伸コバチ 間の悪い地元選手への声援も

デイリースポーツ 8月7日(日)5時37分配信

 「リオ五輪・体操男子団体・予選」(6日、リオ五輪アリーナ)

 日本は鉄棒で内村航平が鉄棒で落下するなどミスが相次ぎ、思うように得点が伸ばせなかった。内村が失敗したのは「落下するところじゃない箇所」という屈伸のコバチだった。

【図解】「シライ2」はこんな技…実は審判員の指摘で新技と判明

 屈伸コバチは、バーを飛び越えながら後方に2回転する「コバチ」を、体を抱え込まずに屈伸で行うE難度の大技ではあるが、内村にとっては最も難しい技というわけではない。コバチに1回ひねりを加える「コールマン」(F難度、屈伸コバチの1段階上)やコールマンを伸身で行う「カッシーナ」(G難度、屈伸コバチからは2段階上)も演技構成に入れているだけに、内村自身も納得がいかない様子だった。

 日本や通常の世界大会と異なる点があったとすれば、開催国のブラジルと同じ班で演技をしたことがあるだろう。内村が落下する直前、ブラジルの選手へ向けたものと思われる大歓声がわき上がった。こうした現象は何度も予選の最中に起こっていた。

 得意の平行棒、鉄棒でミスをしてしまった田中佑典は「オリンピック感はさほど感じなかったですけど…」と感想を語った後で、「歓声が大きいなと感じました」と声援が印象的だったと振り返った。

最終更新:8月7日(日)11時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。