ここから本文です

【MLB】J.ルクロイの“交換要員”、マイナーで過去62年間最長の47試合連続安打

ISM 8月6日(土)17時46分配信

 クリーブランド・インディアンスの有望株フランシスコ・メヒア捕手が、マイナーリーグで47試合連続ヒットを記録し、話題となっている。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が現地5日に伝えた。

 20歳のメヒアは、先月インディアンスとミルウォーキー・ブリュワーズが合意に至ったトレードで、ジョナサン・ルクロイ捕手の交換要員として2人のプロスペクトらとともにブリュワーズへ移籍するはずだった。しかし、ルクロイがトレード拒否条項を行使したため破談となり、メヒアはインディアンス傘下の1Aリンチバーグ・ヒルキャッツに留まることとなった。

 メヒアは今季、マイナーで計83試合に出場し、打率.343、9本塁打、71打点。同サイトによると、マイナーリーグでの47試合連続ヒットは、かつて日本プロ野球のサンケイアトムズ(現・東京ヤクルトスワローズ)でもプレーしたロマン・メヒアス外野手が、1954年にピッツバーグ・パイレーツ傘下のマイナーチームで55試合連続でヒットを放って以来、最長となっている。

最終更新:8月6日(土)17時46分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]