ここから本文です

連載40周年記念『こち亀ジャンプ』 描き下ろしポスターに尾田栄一郎氏、荒木飛呂彦氏らも参加

オリコン 8月8日(月)5時0分配信

 実写化やアニメ化もされてきた秋本治氏の人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が『週刊少年ジャンプ』で連載40周年を記念し、同作が『ジャンプ』をまるまる一冊ジャックした増刊『こち亀ジャンプ』が16日に発売することが7日、明らかになった。8日発売の『ジャンプ』36・37合併号の誌面で発表された。

【画像】『こち亀ジャンプ』ロゴ よーく見ると両さんが…

 秋元氏の描き下ろし巻頭カラー&新作ストーリーを始め、『NARUTO-ナルト-』の岸本斉史氏と『TO LOVEる -とらぶる- ダークネス』の矢吹健太朗氏がそれぞれ描き下ろした特別企画の『こち亀』、ジャンプの各時代を築いてきたレジェンド作家(秋本氏、荒木飛呂彦氏、森田まさのり氏、尾田栄一郎氏、岸本氏、島袋光年氏、河下水希氏、松井優征氏)による描き下ろし合作ポスターなどを掲載する。

 さらに、『ジャンプ』『ジャンプ+』『ジャンプスクエア』からよりすぐったの7大ギャグ作家(麻生周一氏、うすた京介氏、大石浩二氏、小山ゆうじろう氏、仲間りょう氏、沼駿氏、増田こうすけ氏)がそれぞれ描き下ろす<1ページ『こち亀』ギャグ>も掲載。そのほか、本年1号の『ジャンプ』から掲載された『こち亀』情報を発信する「亀スポ」で紹介してきた、ジャンプ作家たちの“マイフェイバリット『こち亀』”と、各作家の寄稿イラストも再録される。

最終更新:8月8日(月)5時0分

オリコン