ここから本文です

平祐奈がクールなドS役 映画『きょうのキラ君』キャスト発表

オリコン 8月8日(月)16時0分配信

 俳優の中川大志主演で人気漫画を実写化する映画『きょうのキラ君』(2017年2月25日公開)のキャストが新たに発表され、葉山奨之、平祐奈、安田顕らが出演することが7日、わかった。

 原作は、映画化もされた『近キョリ恋愛』などで知られるみきもと凜氏の同名漫画。他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノンが、学校のクラスメイトで、誰もが憧れる“キラ”こと吉良ゆいじに初めて恋に落ちるが、キラには誰にも言えない秘密があった。

 容姿端麗で、学校中の女子が憧れるキラを中川、ヒロインのニノを飯豊まりえが演じるほか、ニノとキラのクラスメイト・矢部和弘に葉山奨之、キラの幼なじみでクールなドS、矢部との関係も気になる矢作澪を平祐奈、ニノを常に心配するも温かく見守る父親・岡村隆弘に安田顕、母親・岡村かのんに三浦理恵子、キラの父親を岡田浩暉が演じる。

 葉山は「矢部を演じるうえで一番気を付けたのは、“矢部が持つピュアな心”です。だからこそ、とにかく1人で暴走してスベろうと思いました」と明かし、「また機会があればキラ君の続編やりたいです」と、早くも希望。

 “クールなドS”の澪に挑んだ平は「バッグの持ち方や、腕の組み方などを意識して演じました」と、見た目にも工夫をこらし、「同年代のキャストで日々和気あいあいとしていて、芝居の勉強にもなり、いい刺激を受けました」と充実感をにじませている。

 原作のみきもと氏は「残念だけど愛されキャラな矢部とドSな澪を葉山さんと平さんが見事なコンビネーションで演じてくださっていてお2人が画面に出るだけで口元が緩みました。すっかりお2人のファンです」とコメントを寄せている。

最終更新:8月8日(月)16時0分

オリコン