ここから本文です

スターも参加した聖火リレー

MEGABRASIL 8月6日(土)7時34分配信

アレッサンドラ・アンブロージオなどモデルや歌手なども

8月5日(金)午後、95日間をかけて、2万6000キロのリレーが続けられてきたリオデジャネイロ・オリンピックの聖火リレーがクライマックスの様子を現地メディア「オ・グローボ」が伝えている。

12.494名が参加、ブラジルの26の州にある325の都市をめぐってきた聖火は、2004年のアテネ・オリンピックの乗馬競技の金メダリスト、ホドリゴ・ペソアさんに手渡された。

リオデジャネイロ市に到着した聖火は、コルコバードの丘のキリスト像から開会式会場のマラカナンに到着するまでの間、リオ市宮、市の南部、パォン・ジ・アスーカル、フラメンゴ埋立地などをたどった。

ブラジルの歌手ジョルジ・ベンジョール、ジャルジン・ボタニコでは元女子バレーボール代表のファビ、イパネマではモデルのアレッサンドラ・アンブロージオ、その後はテレビ司会者のルシアーノ・フッキも聖火ランナーを務めた。

(文/麻生雅人)

最終更新:8月6日(土)11時1分

MEGABRASIL