ここから本文です

種雄牛「真華盛」歴代トップの成績 県「次世代への希望」

宮崎日日新聞 8月6日(土)12時10分配信

 全国和牛登録協会(本部・京都府)が実施した種雄牛の産肉能力をみる調査で、県家畜改良事業団(高鍋町)が育成する「真華盛(しんはなもり)」が、脂肪交雑(サシ)の入り具合を示す数値で、本県歴代トップの成績を記録した。枝肉重量や上物率(肉質等級4、5等級の割合)も県内平均を上回る。県は「質、量ともに兼ね備えた優れた牛ができた」と期待を寄せる。

宮崎日日新聞

最終更新:8月6日(土)12時10分

宮崎日日新聞