ここから本文です

障害者施設、防犯に不備 県内調査

宮崎日日新聞 8/6(土) 12:10配信

 相模原市の障害者施設で45人が殺傷された事件を受け、県はすべての入所29施設(入所者1656人)の安全対策に関する調査結果をまとめ、5日に県庁であった対策会議で報告した。事件前に防犯マニュアルを作成していたのは1割台、防犯カメラ設置は3割台にとどまり、施錠を徹底していない施設もあった。これまで事件を想定しておらず、地域との交流や共生を目指して開放的だったため、関係者からは対応の難しさを訴える声も聞かれた。

宮崎日日新聞

最終更新:8/6(土) 12:10

宮崎日日新聞