ここから本文です

最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren 570GT」日本初披露

オートックワン 8/6(土) 7:46配信

ラグジュアリーで高い実用性と快適性を与えたグランドツーリングモデル

マクラーレンは今春のジュネーブモーターショーでお披露目された、現行モデルの中でもっともラグジュアリーなグランドツアラー「McLaren 570GT」を、2016年8月5日から7日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「オートモビル カウンシル 2016」で公開した。

最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren 570GT」日本初披露 [画像44枚]

McLaren 570GTは最新の570Sをベースにし、その高いパフォーマンスはそのままに、ラグジュアリーで高い実用性と快適性を与えた、その名が示す通りのグランドツーリングモデルだ。

フロントに他のモデルでも用意されている150リットルのラゲッジスペースはそのままに、キャビン後方に220リットルのラゲッジスペースが設けられている。そのラゲッジスペースへのアクセスを可能にするのは大きなグラスハッチゲート。さらにハッチゲートと連なるように大きなパノラミックガラスルーフが外観上でも大きな特徴となる。

日本市場は「情熱的なファンのいるマーケット」

また、外観上の違いにとどまらず、長距離ドライブを快適なものにするために、専用のスプリングレートをもつ足回りが与えられるほか、専用設計のピレリPZEROは静粛性に多き貢献しているという。またクーペではオプション扱いとなる、8スピーカーのマクラーレン・オーディオ・プラスも標準装備となるなど、GTだけの特別装備は多岐にわたる。日常使用も十分可能な570GT。マクラーレン史上最も洗練されたオンロード志向の高いモデルとなっており、マクラーレンらしさを残しつつ、使いやすさと快適性にフォーカスをあてたモデルだ。

マクラーレンのアジア・パシフィックを統括するマネージング・ディレクター、ジョージ・ビッグス氏はプレスカンファレンスの中で、日本市場のことを「情熱的なファンのいるマーケット」と評した。そのマーケットにシリーズで3番目のラインナップとなり、今までのモデルとは全く異なる、洗練された、旅をするためのグランドツアラーとして投入された570GT。

1/2ページ

最終更新:8/6(土) 7:46

オートックワン