ここから本文です

【五輪特集】4カ国で金メダルを分け合う アトランタ五輪<1996年>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 8月6日(土)11時53分配信

4年に一度行なわれるスポーツの祭典・オリンピック。今回はブラジル・リオデジャネイロが開催地となり、100年以上の歴史を持つ五輪では、初めて南米の国で実施される。ここでは、1996年アトランタ五輪のバドミントン競技の優勝者や、海外選手の活躍を紹介しよう。

1996年 アトランタオリンピック<Atlanta Olympic>

近代オリンピック100周年を迎えたアトランタ五輪には、当時の国際オリンピック連盟に加盟していた197カ国・地域がすべて参加。バドミントン競技はアメリカ・ジョージア州立大学体育館を舞台に、30カ国・地域から192選手が集結し、栄光のメダルを争った。なお、今回から混合ダブルスも新たに加わり、計5種目で実施されている。

前回バルセロナ大会ではインドネシア旋風が巻き起こったが、アトランタの地では他国の勢いが上回り、韓国、インドネシア、中国、デンマークの4カ国が金メダルをつかみとった。
群雄割拠とされた男子シングルスを制したのは、現在の世界バドミントン連盟の会長を務めるポール・エリク・ホイヤーラーセン(デンマーク・名前は当時のもの)。前回に続いて上位独占を目論んだインドネシア勢を抑え、30歳のベテランが全試合2-0のストレートで勝ち上がり、輝くメダルをつかみとった。

女子シングルスは、前回バルセロナ五輪の決勝戦で悔し涙をのんだ方銖賢(韓国)が、4年越しの金メダルを獲得。準決勝では、バルセロナの頂上決戦で敗れているスシ・スサンティ(インドネシア)にきっちりリベンジを果たしての優勝だった。
男子ダブルスは、金メダル本命とされたインドネシアの至宝・リッキー/マイナキーが、マレーシアのチー/ヤップを決勝で下し、鮮やかに黄金のメダルを手中におさめた。女子ダブルスでは当時の世界女王である葛菲/顧俊が、母国・中国にとって初となる「金」をもたらし、混合ダブルスでは韓国の金東文/吉永雅が、朴柱奉/羅景民との同国決勝を制して、韓国に2つ目の金メダルを持ち帰っている。


【アトランタ五輪メダリスト】
男子シングルス
金メダル◎ポールエリク・ホイヤーラーセン(デンマーク)
銀メダル◎薫炯(中国)
銅メダル◎ラシッド・シデク(マレーシア)

女子シングルス
金メダル◎方銖賢(韓国)
銀メダル◎ミア・アウディナ(インドネシア)
銅メダル◎スシ・スサンティ(インドネシア)

男子ダブルス
金メダル◎リッキー/レキシー(インドネシア)
銀メダル◎チー/ヤップ(マレーシア)
銅メダル◎カントノ/アントニウス(インドネシア)

女子ダブルス
金メダル◎葛菲/顧俊(中国)
銀メダル◎吉永雅/張恵玉(韓国)
銅メダル◎秦芸源/唐永淑(中国)

混合ダブルス
金メダル◎金東文/吉永雅(韓国)
銀メダル◎朴柱奉/羅景民(韓国)
銅メダル◎劉堅軍/孫曼(中国)

※アトランタ大会から3位決定戦を実施

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:8月6日(土)12時2分

バド×スピ!/バドミントン・マガジン