ここから本文です

【MLB】前田健太、野球の五輪復活を喜ぶ 「すごく嬉しい。モチベーションになる」

Full-Count 8月6日(土)7時10分配信

WBCと「プレミア12」には出場も五輪はなし「アスリートとしてすごく嬉しいこと」

 4日(日本時間5日)の敵地ロッキーズ戦に先発し、5回2/3を4安打2失点で10勝目(7敗)を挙げたドジャースの前田健太投手が、2020年東京五輪の追加種目として野球が承認されたことを喜んだ。

広島時代から光る安定感…前田健太のNPB・MLBでの年度別成績一覧

 前田は2013年の第3回WBCに田中将大投手(ヤンキース)らと先発投手の軸として出場。また、昨年は世界野球「プレミア12」に侍ジャパンのエースとして臨み、チームを牽引した。だが、五輪は2012年のロンドン大会で野球が正式種目から外れたため、前田には縁がなかった。

「すごく嬉しいと思います。僕が(日本代表に)入った時はもう(五輪から野球が)なくなってしまっている状況だったので、オリンピックでメダルを穫れるということは、アスリートとしてすごく嬉しいことだと思いますし、モチベーションになると思います」

 日の丸をつけて世界大会を戦ったことがある右腕にとっても、五輪はやはり特別だという。東京開催となれば、なおさらだろう。

 前田は「(WBCとは)ちょっと違うと思いますね。やっぱりオリンピックというのは、全ての競技で国を背負って戦う大会だと思うので、また違う気持ちだと思います」と話す。MLBの選手が出場できるかは現時点で決まっていないが、意識する大会の1つとなりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月6日(土)8時29分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。