ここから本文です

8月6日はマツダ創業者の誕生日、そして… 広島の松田一家、運命分けたあの日

乗りものニュース 8月6日(土)4時30分配信

8月6日が誕生日だったマツダ創業者

 戦前、広島で東洋工業を設立し、自動車メーカー「マツダ」(広島県府中町)の礎を築いた松田重次郎(まつだじゅうじろう)氏。広島に人類史上初の原子爆弾が投下された1945(昭和20)年8月6日が、彼にとって70回目の誕生日であったことは、あまり知られていない事実かもしれません。そして、重次郎氏とその家族が8月6日にたどった、数奇な運命も――。

 マツダが所有する『松田重次郎翁』をひも解くと、原爆投下時、爆心から5.3km離れた安芸郡府中村(現在の府中町)にあった東洋工業は、爆風によって建物が一部損壊する被害に遭いながらも、設備機械はほぼ無傷で残存。しかし、広島市内で疎開作業に従事していた社員およそ200人が死傷するなど、原爆による打撃は大きかったといいます。

 70歳の誕生日である1945年8月6日の朝。重次郎氏はいつものように、運転手の水野敏正氏(元東洋工業社員)を自宅へ迎えに来させています。水野氏の回想によれば、水野氏が到着したのは午前7時25分。水野氏は重次郎氏に「おめでとうございます」と祝いの言葉をかけ、クルマは予定通り大手町(広島市中心部)の散髪屋へと走ります。

 その後、散髪を終えた重次郎氏は近くの護国神社でお参りをし、水野氏が運転するクルマに乗車。会社に向かう車中で、原爆投下の瞬間を迎えることになります。マツダによると、散髪屋があった大手町1丁目は爆心地から200m以内、護国神社も同300m以内で、重次郎氏が原爆投下の直前まで、爆心地付近にいたことがわかります。

 実際、重次郎氏のすぐあとに散髪屋へ入った客は、原爆で即死したという記録が残っているといいます。以下は、水野氏が原爆投下の瞬間を回想した一節です。

「猿猴川を渡り、荒神橋東詰を過ぎて、西蟹屋町の宇品線の踏切を通り、満津井の料理屋のちょっと先くらいのところで、マグネシウムを焚いたような光線を受けたわけです。(中略)ふっと見ると、マグネシウムを点火したときのようにフワーとタンクが燃えるような状態で、『やーしもうたのー』と思ったら、ダーンと来たんです。それから一刻どうなったか全く闇で真っ暗でした」

 1945年8月6日午前8時15分。広島に人類史上初の原爆が投下された瞬間でした。

1/2ページ

最終更新:8月6日(土)13時37分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]