ここから本文です

福原遥、色気にはまだ抵抗感 18歳で揺れる心「もっとすてきな女性に」【動画付き】

オリコン 8月6日(土)6時0分配信

(C)ORICON NewS inc.

 今月28日に18歳の誕生日を迎える女優の福原遥(17)。2nd写真集『はるかかなた』(学研プラス 23日発売)では、高校生活の最後の写真集として「オトナ」への成長を感じるセクシーカットにも挑戦した。このほどORICON STYLEはインタビューを敢行し、徐々に大人の階段を登る福原の素顔に迫った。

 NHK・Eテレの子ども向け番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』のメインキャラクター・まいんちゃんとして視聴者に親しまれた福原。完成した写真集を手に「私を全面に出せたんじゃないかな」と満足げに語り、セーラー服のカットをあげると「制服を着ると高校3年生の福原遥っていう普通の学生感が出ていて、それも今だけなんだなと思うとちょっと寂しいですね」とポツリ。

 初挑戦となる泡風呂や水着姿も大胆に披露し、ドキッとするような表情まで切り取っている。意欲作ともとれる今作を機に大人の色気を全面に出していくのかと思いきや、本人はまだ心の準備ができてないようだ。

 「色気はあまり出したくないかな…。最初は水着に抵抗感もあって、恥ずかしいから最初やるのもすごい不安でした」。大人路線での活躍を期待すると「えぇ~、どうなんですかね~、あまり色気は出したくないかな…。やっぱり水着は抵抗あるので着ていて恥ずかしいので、あまり着たくないかな」と照れ笑い。子役時代からキャリアを積み、年齢以上にしっかりとした印象だが、まだまだ歳相応な乙女の心境がかいま見えた。

 “まいんちゃん”というイメージが定着していることには「うれしい」と素直に喜んでいる。しかし、決して現状に満足している様子はなく、ここ最近ではラブコメドラマ『グッドモーニング・コール』では連続ドラマ初主演を務めるなど、女優としてメキメキ成長中だ。

 「新しいことにたくさん挑戦して、吸収したい。子役時代に経験したことも活かして成長したい。いずれは女優としての福原遥の方が知ってもらえる人になりたいですね」。ほほえみながらもしっかりと前を向いて、さらなる飛躍を誓った。

 8月20日・21日には、所属事務所・研音主催のイベント『音夏祭~研音ガールズイベント~』に出演する。同世代の若手女優たちとの芝居や歌、ダンス以外に握手会も予定している。

 女優業はもちろんのこと、歌手活動にも意欲的だ。「全部やっていて楽しいので全部を両立して進めていきたい。その中でも自分の個性が出せる所だったり、成長できる部分があったらそこをもっともっと極めていきたいです!」と言葉に力を込め、歌手の目標として「私埼玉出身なんで、いつかさいたまスーパーアリーナでも歌いたい!」と目を輝かせた。

 「大人に成長していきたいな。自分が持ってる今の自分を残しつつ、もっとすてきな女性になりたい。女性磨きもそうですし、内面でも自分の意見を持って、まっすぐ前に進んでいくカッコいい女性に!」。

 そう元気いっぱいに意気込んだ福原。高校卒業後、一人の女性としてどんな成長を遂げるのか、これからの活躍を期待したい。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:8月6日(土)6時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。