ここから本文です

「オバマ大統領は、広島で変われなかった」 被爆者の怒りと願い

BuzzFeed Japan 8/6(土) 6:00配信

2016年5月27日は、広島にとって歴史的な1日だった。

アメリカの現役大統領が初めて、広島を訪問した日。被爆地は沸いた。大勢の人が通りに出て、オバマ大統領の車列を出迎えた。そのスピーチに、聞き入った。
【BuzzFeed Japan / 籏智広太、溝呂木佐季】

【関連】「核兵器なくして!お願い!」 オバマ大統領に言いたいことを、広島で聞いた

それから、2ヶ月と少しが経った。今年もまた、8月6日がやってくる。オバマ大統領が演説した現場にいた被爆者は、BuzzFeed Newsにこう振り返った。

「広島に来れば人は変わる、でも、オバマ大統領は変わらなかった」

「所感を話したというけれど、あの人は何も感じていませんよ。予定されたことを言っただけだ」

BuzzFeed Newsの取材にそう答えたのは、被爆者唯一の全国組織である日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の事務局長・田中熙巳さん(84)。当日、会場にいた被爆者5人のうちの1人だ。

71年前、長崎で被爆した田中さんは演説の直後、記者会見で演説について問われ、「素晴らしい」と感激した面持ちで評価していた。

いま、そのことを後悔しているという。翌朝、帰りの新幹線で演説内容を読み直していたとき、それが間違いだったと気づいたからだ。

田中さんの後悔を誘ったのは、スピーチの冒頭部分だった。オバマ大統領は17分間に及んだ演説を、こう始めている。

“71年前。雲のない晴れた朝。空から死が落ちてきて、世界は変わりました。閃光と炎の壁がこの都市を破壊しました。人類が自分自身を破壊する手段を手に入れたのです“

「死が落ちてきた、そして世界が変わったと。愕然としちゃったよ。だって、死が落ちてきたんじゃないもん。彼らが、アメリカという国が落とした爆弾で、見るに堪えないような死の状態ができたんですよ」

同時通訳で演説を聞いていた田中さんには、その内容のすべてが頭に入っていたわけではなかった。冒頭を、聞き逃していたという。

「死をつくったのは、彼らなんです。それも残忍な殺し方で、何万人もの死を」

1/3ページ

最終更新:8/7(日) 11:35

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。