ここから本文です

沢村一樹、得意のエロネタで五輪にエール 子どもたちはポカーン【動画付き】

オリコン 8月6日(土)14時29分配信

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の沢村一樹が6日、都内で行われた映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』初日舞台あいさつに出席した。

 日本時間きょう6日に開幕した第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会の話題になると、沢村は「(バレーボールの)木村沙織さんにとにかく会いたいです」とニヤリ。この日は冒頭に「お子様にも安心安全なトークで盛り上げたい」と宣言していたが、「彼女に耳元で励ましてほしい。『上から呼んでも下から呼んでも妻夫木夫妻』とかささやいてほしい。そしたら俄然やる気が出ると思う」と願望を打ち明け、映画を観に来た会場の子どもたちをポカーンと置いてきぼりにしていた。

 そのほか、『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』より西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇斗、劇場版ゲストの沢村一樹、木村了、2700のツネと八十島弘行、高山侑子、諸田敏監督が出席。

 西銘は「この日が待ち遠しかったので、うれしい気持ちでいっぱい」と公開を喜び、観客から大きな拍手が送られると「ゴーストの集大成として真剣に取り組んできてよかった」と感慨深げだった。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:8月6日(土)14時29分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。