ここから本文です

男子シングルス8強には7人の3年生 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8月6日(土)8時0分配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の大会4日目、男子は松江会場で個人戦シングルスの1~4回戦が8ゲームマッチで行われ、ベスト8が決まった。

高校生プレーヤーへ、錦織からメッセージが届く [中国インターハイ開会式]

 第1シードの今村昌倫(清風)が力の差を見せつけるように勝ち上がった。パワフルなストロークを武器に、3回戦では上野浩太郎(崇徳)を8-2、4回戦では酒井来征(名古屋)を8-3で退け、昨年に続いてベスト8入りを決めた。

 関東地区の決勝を争った野口莉央(湘南工大附)と田中優之介(秀明英光)の2人も8強進出。野口は4回戦で1年生の市川泰誠(西宮甲英)を8-1、田中は岡垣光祐(岡山理大附)を8-6で下した。

「ホッとしています。団体戦の悔しさもあるし(準々決勝敗退)、とにかく優勝を目指して元気にいきたい」と野口が言えば、田中も「今日の4試合はきつかったが、最初からわかっていた。(4回戦は)タフマッチだったけど、最後は自分のペースにもっていくことができた」と笑顔を見せた。

 ベスト8へ一番乗りを決めたのは山尾玲貴(柳川)。4回戦は田形諒平の追い上げに苦しんだが、最後は8-6で振りきった。「1試合1試合集中し、勝てるようにしっかりと戦った」と山尾。九州地区からはもう一人、横尾淳司(大分舞鶴)が8強入り。「苦しいときはみんなの応援が力になった」とうれしそうに語った。

 昨日、団体優勝を飾った相生学院のエース大島立暉も強さを見せた。3回戦で高清水研人(日大三)を8-5で下すと、4回戦も接戦をくぐり抜けてきた津田厚(名経大市邨)を8-1で押しきった。藤井颯大(同志社国際)も4回戦で1年生の本田柊哉(新田)の挑戦を8-2で退けて準々決勝へ駒を進めた。

 8強最後の1枠をつかみ取ったのは武藤洸希(大成)。3回戦で春の選抜個人戦優勝者で第2シードの菊地裕太(相生学院)に8-3の勝利。勢いに乗って挑んだ4回戦でも橋川泰典(四日市工)を8-5で下した。

「(菊地戦は)自分から攻めてラリー勝負に持ち込んだ」と武藤。4回戦は4-5の0-40だったが、そこからサービスキープに成功して5-5に追いつき、勢いに乗った。武藤はベスト8のうち、唯一の2年生だ。

 大会5日目となる8月6日は、女子シングルス1~4回戦が松江会場で、男子ダブルス1~3回戦、準々決勝が安来会場で行われる。試合開始時間はともに9時の予定。

(テニスマガジン/牧野 正)

最終更新:8月6日(土)8時0分

THE TENNIS DAILY