ここから本文です

お盆期間の航空予約状況2016、LCC4社は国内線で明暗、国際線は路線拡大で予約数も大幅増

トラベルボイス 8/6(土) 15:30配信

LCC4社の2016年度お盆期間(8月10日~8月21日)の予約状況がまとまった。各社の国内線の予約数では、ピーチ・アビエーションとSpring Japan(春秋日本)は前年比増、一方ジェットスター・ジャパンとバニラエアは前年比減と明暗が分かれた。予約率では、ジェットスターを除く3社が前年比から数値をのばした。国際線では、路線拡大にあわせて予約数も前年を大きく上回った。


まず、国内線を見ると、ピーチは前年比5%増の13万4280席を提供。予約数は同6%増の11万1071人で、予約率は前年の82.3%を上回る82.7%となった。期間中のピーク日は下りが8月11日で予約率95.1%、上りは8月10日で予約率90.2%。

ジェットスターは、提供座席数を同11.8%減と絞ったこともあり、予約数は同16%減の14万3145人。予約率も前年の74.6%から71.1%に下落した。ピーク日は下りが8月11日で予約率89.4%、上りは8月10日で予約率74.8%。

バニラエアも、提供座席数を同8.3%減としたことから、予約数も同5.0%減の4万2745人となった。予約率は前年よりも3.2ポイント高い90.0%。ピーク日は下りが8月11日で予約率99.5%、上りが8月16日で予約率94.3%。

また、Spring Japanは、提供座席数を同22.2%減としたものの、予約数は同6.6%増の1万4034人となり、予約率は前年の64.5%を大きく上回る88.4%になった。ピーク日は下りが8月12日で予約率99.7%、上りが8月16日で予約率98.2%。

国際線を見ると、ピーチは路線拡大により提供座席数を同34%増の7万920席に大幅に増やしたことから、予約数も同40%増の6万3481人に増加した。予約率は89.5%。ピーク日は日本発が8月10日で予約率95.5%、日本着が8月15日で予約率90.6%。

ジェットスターは、国際線を5路線に拡大。それにより、提供座席数は同218.8%増の1万8360席となり、予約数も同165.4%増の1万4025人となった。しかし、予約率は前年の91.7%から76.4%に大きく下がった。日本発のピーク日は8月10日で予約率92.8%、日本着は8月18日で予約率83.8%。

バニラエアも提供座席数を同50%増の3万8880席に増やしたことから、予約数も同54.7%増の3万4820人を確保。予約率も前年の86.9%から89.6%に上がった。ピーク日は日本発が8月10日で予約率97.0%、日本着が8月15日で予約率95.0%。

Spring Japanは今年2月13日から国際線に就航。初めてのお盆期間では、提供座席数4536席に対して予約数は4415人となり、予約率97.3%と高い数字を残している。

トラベルボイス編集部

最終更新:8/8(月) 8:59

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。