ここから本文です

【動画】猛暑続く 東・北日本 台風による高波注意(6日19時更新)

ウェザーマップ 8月6日(土)18時59分配信

ウェザーマップ

 7日(日)も猛烈な暑さが続くため、こまめな水分補給を心がけるなど、熱中症には厳重に警戒してください。また東・北日本の太平洋側では台風5号の影響により波が高くなるでしょう。

 6日(土)は各地でこの夏一番の暑さになり、大分県日田や大阪府豊中では最高気温が38℃を超えました。

 7日(日)も引き続き高気圧に覆われて、北海道から九州まで晴れて日差しが強くなりそうです。
 ただ、沖縄や内陸・山沿いの地域では雷雨に注意してください。
 暑さは北へ拡大し、北海道でも最高気温が30℃を超える所が多く、旭川では34℃まで上がる見込みです。東北から九州まで35℃を超える暑さが続きそうです。
 外へ出かける方は飲み物を持ち歩くようにして、こまめに水分を取るようにしましょう。

 小笠原近海の台風5号は発達しながら北上を続ける見込みです。
 7日(日)から東・北日本の太平洋側で波が高くなるでしょう。
 予想される波の高さは、関東・東北太平洋側・東海地方で5メートル、北海道太平洋側で3メートルです。
 海のレジャーを計画の方は特に注意してください。(気象予報士・片山美紀)

最終更新:8月6日(土)18時59分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。