ここから本文です

女子ダブルスのベスト4が決定 [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8月6日(土)8時30分配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の4日目、女子は安来会場で個人戦ダブルスの1回戦から4回戦(準々決勝)が行われ、ベスト4が決まった。

男子シングルス8強には7人の3年生 [中国インターハイ]

 まず準決勝に勝ち進んだのは、米原さくら/浮田侑奈(秀明英光)だった。2回戦こそ開星(島根)の細木咲良/宮内理瑚に9-7と苦戦するも、そのほかは見事な完勝。4回戦では矢田智都奈/都筑はるな(東京学館浦安)を8-4で下して全国大会の4強に名乗りを挙げた。

 その米原/浮田と準決勝で対戦することになったのが富永まどか/前川真里那(静岡市立)。4回戦の伊藤優花/小林彩夕里(松商学園)との試合は1-4でリードされた場面からタイブレークへと持ち込み、9-8(4)で押しきった。「準決勝まで勝ち上がるとは思っていなかった」と前川が驚いた表情で言えば、富永は「インターハイ自体が遠い存在だった。ここまできたら優勝したい」と全国一を目標に掲げた。

 もう一方の山は、団体戦でインターハイ初出場を果たした芦屋学園(兵庫)のツートップ・末野聡子/浦上喜帆のペアが勝ち残った。勝利した4試合のうち、1回戦の橋本実結/倉持美穂(早稲田実業)と3回戦の清水映里/黒須万里奈(山村学園)は、関東の強豪ペアだ。

「粘り強くプレーできた」と末野は話し、浦上は「思いきってプレーできたし、声もよく出ていた」と納得のパフォーマンスを見せた。4回戦の竹内あやか/朝倉菜月(松商学園)は8-5で破った。さらにチームプレーを磨き、目指すは「もちろん優勝です」(浦上)。

 夜20時15分からスタートした4回戦の最後の試合は、下地奈緒/我那覇真子(沖縄尚学)が坂本はな/李淑玲(堀越)を8-2で破り、ベスト4の残る一枠を手にした。
 
 下地と我那覇は前日まで行われた団体戦で、初戦から決勝まですべての対戦に出場し、疲労も溜まる中だったが、「今日はだんだんとプレーがよくなった」(下地)と話した。松江会場と安来会場はサーフェスの性質が違い、慣れない部分もあったようだが、そこはプレーをしながらうまく調整した。我那覇はこの日の試合について「いい感じでプレーできたので、明後日の準決勝は得意のボレーなどをもっと決めていきたい」と意欲を見せた。

 昨年、沖縄尚学の先輩だったリュー理沙マリーと西里夏子がダブルスで日本一となったが、下地と我那覇がこれに続けば、沖縄尚学の“ダブルス2連覇”が決まる。

 大会6日目の8月7日に行われるベスト4の組み合わせは富永/前川(静岡市立)vs米原/浮田(秀明英光)、浦上/末野(芦屋学園)vs下地/我那覇(沖縄尚学)となった。

 大会5日目の8月6日は、女子シングルス1~4回戦が松江会場で、男子ダブルス1~4回戦(準々決勝)が安来会場で行われる。試合開始時間はともに9時の予定。

(テニスマガジン/編集部◎中野恵太)

最終更新:8月6日(土)8時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]