ここから本文です

もうスアレスやトーレスらスターを奪われたくない! クロップ「毎年メンバーを変えて成功するチームはない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/6(土) 10:10配信

リヴァプールでタイトルを獲れる状況を作り出す

リヴァプールは世界中にサポーターがいるイングランドを代表するビッグクラブだが、長い間リーグ優勝から遠ざかってしまっている。近年では2013-14シーズンに優勝に近づいたが、結局は2位で終了。それ以降は優勝に近づくことができていない。

その理由の1つは、毎年のようにスター選手がクラブを離れていることだろう。2013-14シーズンの後にはFWルイス・スアレスがバルセロナへ移籍し、昨夏にはラヒーム・スターリングが国内のライバルでもあるマンチェスター・シティに移籍。彼らを移籍へと突き動かしたのはタイトルへの欲望だ。残念ながら今のリヴァプールはタイトルを獲得できないクラブと捉えられてしまっている。

それ以前にもフェルナンド・トーレスがチェルシーに、ハビエル・マスチェラーノもバルセロナへ移籍した。現在指揮官を務めるユルゲン・クロップは、こうしたキープレイヤーの退団をストップさせたいと考えている。英『Liverpool Echo』によると、クロップは毎年のようにメンバーを変えながらタイトルを獲るチームなど存在しないと主張し、リヴァプールが選手たちにとってタイトルを獲る夢を叶えるためのクラブになる必要があることを強調した。

「私はそれができると思っているよ。それは今後の目標の1つだね。世界に毎年選手を変えて成功を収めたチームはないんだ。キープレイヤーが必要なのさ。これはとても重要なことだ。成功する状況を作らないといけないね。我々は同じメンバー、そして一貫性が成功を生むと考えている」

リヴァプールはバルサやレアル・マドリードに比べれば見劣りしてしまうが、クロップはリヴァプールに行けばタイトルを獲得できるんだと思わせられるクラブにする必要があるとの考えだ。リーグ制覇を成し遂げるためにはステップアップへの踏み台にされるわけにもいかず、今季から成功のモデルを作り上げてほしい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/6(土) 10:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革