ここから本文です

“1球の判定”悔やむジャクソン、無言の中崎 広島救援陣は踏ん張れるか

Full-Count 8月6日(土)8時30分配信

勝ちパターンのリリーフ陣が相次いで失点、今季初の3連敗

 5日の巨人戦に5-6で惜敗した広島。投手陣が先行する展開を守りきれず、チームは今季初の3連敗となった。

広島、2位に5.5G差で首位キープ…2016年NPB順位表

 先発の野村は、6回2失点とまずまずの内容だったが、2度のリードを守れなかった。野村は、「今日は、ボール自体はまずまずだった。ただ、2回に先制点を取ってもらった後の失点は反省しなければいけない」としたが、「5回にホームランを打たれて同点に追い着かれた後、ピンチを招いたがしっかり粘れたことはよかった」と、先発として最低限の仕事は果たした。

 7回には1点を勝ち越したが、8回にはジャクソンが同点、9回は中崎が2点を勝ち越され、勝ちパターンの継投で逆転負けとなった。ジャクソンは、「調子はよかったし、自分の思うところに投げられた。ヒットを打たれたことは言い訳しないが、ただ、坂本への2ストライクからの3球目、あれはストライクだったと思う。あの判定で結果が変わってしまったのは残念だった」と、勝負を左右した1球の判定を悔やんだ。

 9回に致命的な2点を許した中崎は、質問しようとする報道陣にも足を止めず、無言のままロッカールームに消えた。

 3日のヤクルト戦では、ヘーゲンズが山田に決勝本塁打を浴び、この日はジャクソン、中崎が揃って打たれた。今季の快進撃を支えた勝ちパターンのリリーフ陣がこのまま息切れするようであれば、勝負の終盤戦に向けて、チームに暗雲が立ち込めることになる。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:8月6日(土)12時47分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報