ここから本文です

好投見せるG救援マシソンが驚異の勝ち運 チームトップ&セ4位の8勝目

Full-Count 8/6(土) 8:40配信

リーグ3位タイの47登板で防御率2.75、25ホールドはリーグ2位タイ

 巨人のスコット・マシソン投手が驚異の“勝ち運”を見せている。

 広島戦(マツダスタジアム)で同点に追いついた直後の8回に6番手として救援した。1死から田中の二塁打などで2死三塁としたが、最速157キロの剛速球を武器に無失点。直後の9回に坂本の決勝適時打など2得点を奪った。首位・広島との5.5ゲーム差に縮める中、剛腕助っ人に7月18日の阪神戦(甲子園)以来の勝ち星となる8勝目が転がり込んできた。

 8勝は6勝のエース菅野智之、月間MVPに輝いた7勝の田口麗斗を上回るチームトップ。リーグ全体でも広島・野村(12勝)、広島・ジョンソン(10勝)、阪神・メッセンジャー(9勝)に次ぎリーグ4位となった。

 マシソンは主に同点や勝ちパターンで投入されることが多い救援投手。1点差で競り合うケースで投げることが多いからこその勝利数と言えるが、ここまでリーグ3位タイの47試合登板で防御率2.75。25ホールドはリーグ2位タイで、ホールドポイント33は堂々のリーグトップだ。この試合で6日の阪神戦(東京ドーム)から12試合連続無失点。安定した投球が勝利数につながっている。

 過去には篠原貴行(ダイエー)は1999年に救援として開幕14連勝をマーク。勝率9割3分3厘で最高勝率のタイトルを獲得した。また伊東昭光(ヤクルト)は88年に救援として18勝9敗17セーブ。規定投球回数未到達ながらも、中日・小野和幸と共に、セ・リーグ最多勝のタイトルを獲得した。規定投球回に届かなかった投手が最多勝に輝くのは、リーグ史上初めてだった。ほかにも小野正一(大毎)、宮田征典(巨人)ら、過去にも中継ぎ投手でシーズン2桁勝利を挙げた投手は複数いる。

 ペナント争いが激しくなる8月は登板過多などで救援投手にも疲れが出てくる。今後もマシソンが“先発投手級”の貢献を見せれば、大逆転Vも見えてくる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/6(土) 12:13

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。