ここから本文です

西岡良仁 準決勝は難敵キリオス、日本時間7日4時開始予定<男子テニス>

tennis365.net 8月6日(土)17時25分配信

アトランタ・オープン

男子テニスツアーのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は5日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのN・キリオス(オーストラリア)が第5シードのF・ベルダスコ(スペイン)を6-4, 6-7 (5-7), 6-3のフルセットで下してベスト4進出。この結果、世界ランク97位の西岡良仁(日本)は準決勝で同18位のキリオスと対戦することが決まった。

キリオス 錦織戦「悪い行為していない」

西岡と同世代のキリオスは、前週のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)で当時世界ランク370位で17歳のD・シャポバロフ(カナダ)に敗れ、初戦で姿を消していた。

今年はオープン13(フランス/マルセイユ、ハード、ATP250)でツアー初優勝を飾り、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では錦織圭(日本)に敗れるもマスターズ初のベスト4進出を果たした。

グランドスラムでは2014年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、 芝、グランドスラム)と、2015年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でベスト8へ進出している。

一方の西岡は、1回戦でD・エヴァンス(英国)、2回戦で第4シードのA・ドルゴポロフ(ウクライナ)、そして準々決勝でH・セバリョス(アルゼンチン)を下し、ATPツアー初のベスト4進出を果たした。

両者の準決勝はスタジアム・コートの第2試合に組まれ、日本時間7日の4時(現地6日の15時)以降に開始予定。

tennis365.net

最終更新:8月6日(土)17時25分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]