ここから本文です

インターハイ5日目、女子シングルス1回戦トップハーフ結果<テニス>

tennis365.net 8月6日(土)17時42分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

高校日本一の座を決めるインターハイ(平成28年度全国高等学校総合体育大会)は競技5日目の6日、松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)で女子シングルス1回戦が行われた。

【インターハイ特集】

トップハーフ(対戦表の上半分)の1回戦は以下の通り。

松田美咲(埼玉/浦和学院) 8-5 中島ゆりか(長崎/九州文化学園)

坂田玲香 (石川/北陸学院) 8-2 坂田玲香 (石川/北陸学院)

北川采永子(青森/弘前工) 2-8 上田真里那(熊本/熊本学園大付)

辻本日子(和歌山/近大和歌山) 1-8 平田歩(岡山/岡山学芸館)

西田賀杏央(大阪/大商学園) 8-6 吉田百花(神奈川/横浜清風)

蛸井涼華(岐阜/帝京大可児) 8-6 板谷里音(富山/富山国際大付)

高嶋久佳理(香川/高松桜井) 7-9 力石優衣(東京/堀越)

大和里緒(島根/開星) 3-8 岡崎亜美(鹿児島/鳳凰)

田中李佳(兵庫/相生学院) 8-0 太田屋遥 (岩手/盛岡第一)

武藤やよい(大分/福徳学院) 8-2 武井未来(群馬/共愛学園)

阿部宏美(愛知/愛知啓成) 8-3 早川美友(新潟/新潟第一)

染谷優衣(神奈川/湘南工科) 6-8 沖田優羽 (北海道/札幌藻岩)

米原さくら(埼玉/秀明英光) 8-3 中村天音(奈良/奈良育英)

金山晴菜(山口/野田学園) 8-0 齋藤千紗(宮城/多賀城)

白武七海(佐賀/鳥栖商)5-8 佐藤光(千葉/渋谷幕張)

大西未来(愛媛/済美) 1-8 吉岡希紗(三重/四日市商)

千村 もも花(千葉/日体大柏) 8-1 涌井優花(新潟/直江津中等)

富永まどか(静岡/静岡市立) 8-4 小山内志織(北海道/大谷室蘭)

藤原早気(大阪/城南学園) 8-5 丸岡亜美(香川/坂出)

塩谷夏美(埼玉/山村学園) 8-4 今村凪沙(熊本/尚絅)

伊藤沙弥(兵庫/雲雀丘学園) 7-9 伊達摩紘(愛知/椙山女学園)

川邉愛美(秋田/聖霊短大付) 4-8 李淑玲(東京/堀越)

入内嶋七菜(福井/仁愛女子) 8-6 板垣歩(広島/美鈴が丘)

狐塚理子(山梨/山梨学院) 4-8 宮原三奈(福岡/柳川)

竹内あやか(長野/松商学園) 8-4 野田帆乃佳(大分/大分舞鶴)

崎村彩加(和歌山/慶風)3-8 関怜莉(茨城/土浦一)

毛塚智瑛(神奈川/湘南工科) 9-7 邊見文香(福島/日大東北)

濱家奈生(鳥取/倉吉東) 2-8 松崎美穂(大阪/同志社香里)

柿澤明里(静岡/浜松西) 8-2田中瑞萌(滋賀/東大津)

平林さち(島根/開星) 0-8 中舘夏美(東京/板橋有徳)

寒河江ひより(山形/日大山形) 3-8 諏訪円香(栃木/学悠館)

岩井沙樹(山形/日大山形) 3-8 下地奈緒(沖縄/沖縄尚学)

個人戦シングルスは128名がトーナメント戦で競い、1-4回戦までは8ゲームズプロセット、準々決勝以降は3セットマッチで行われる。

今大会の上位シード勢は、松田美咲(浦和学院)、清水映里(山村学園)、山藤真帆(相生学院)、下地奈緒(沖縄尚学)。

また、今年3月に行われた第38回全国選抜高校テニス大会では、清水映里(山村学園)が堺愛結(相生学院)を下して優勝。山藤真帆(野田学園)と伊達摩紘(椙山女学園)がベスト4に入っている。

同日には安来運動公園庭球場(島根県/安来市、砂入り人工芝)で男子ダブルスの1回戦から準々決勝までが行われる。

2日から4日にかけて行われた団体戦で、男子は相生学院(兵庫)が4年ぶりの優勝、女子は野田学園(山口県)が春夏連覇を達成した。

tennis365.net

最終更新:8月6日(土)17時42分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。