ここから本文です

好調・富士重系の部品メーカーと取引しませんか?

ニュースイッチ 8月6日(土)19時23分配信

群馬県主催で中小企業とのマッチング会。10月には個別商談へ

 群馬県は群馬県太田市の東毛産業技術センターで、富士重工業系部品メーカーのSRDホールディングス(SRDHD、群馬県太田市)と県内中小企業との技術マッチング会を開いた。SRDHDが協力を求める技術ニーズについて、図面を用いて寸法や精度などの要求事項を説明した。中小企業から60人強が参加。会場の席がほぼ埋まる盛況ぶりで、受注獲得への強い意欲が感じられた。

 SRDHDは吸排気系、燃料系部品を手がける坂本工業(同太田市)が中核の企業グループ。今回は排気系部品に使う楕円(だえん)形パイプの製造など、5テーマで技術協力を呼びかけた。

 発注側からのニーズ紹介を踏まえ、課題を克服できる企業は9月16日までに技術提案書を提出。提案の中身を審査し、発注を望む企業との個別商談を10月に行う予定だ。

最終更新:8月6日(土)19時23分

ニュースイッチ