ここから本文です

世界837位の18歳がATPツアー初4強、西岡良仁もベスト4へ<男子テニス>

tennis365.net 8月6日(土)17時55分配信

アトランタ・オープン

男子テニスツアーのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は5日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク837位で18歳のR・オペルカ(アメリカ)が第7シードのD・ヤング(アメリカ)を6-4, 6-4のストレートで下し、ATPツアー初のベスト4進出を果たした。

西岡良仁 ATPツアー初4強

この試合、オペルカは10本のサービスエースを叩き込み、ファーストサービスが入った時には80パーセントの高い確率でポイントを獲得してヤングに1度もブレークを許さなかった。そして4度のブレークチャンスから2度のブレークに成功し、1時間11分で勝利した。

準決勝では第1シードのJ・イズナー(アメリカ)と対戦する。イズナーは準々決勝で第8シードのT・フリッツ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

一方、オペルカとイズナーのトップハーフ(対戦表の上半分)とは反対のボトムハーフ(対戦表の下半分)では、世界ランク97位の西岡良仁(日本)と第2シードのN・キリオス(オーストラリア)がベスト4進出を決めている。

tennis365.net

最終更新:8月6日(土)17時55分

tennis365.net