ここから本文です

ポグバとサネの中間ぐらいの額ならOK レアルがアセンシオの居場所確保へイスコ放出か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月6日(土)17時21分配信

アセンシオが残ればイスコは売却か

以前はMFハメス・ロドリゲスの方が放出される可能性が高いかと思われていたが、ここへきてMFイスコが放出される可能性が出てきた。

スペイン『as』によると、レアル・マドリード指揮官のジネディーヌ・ジダンは20歳のMFマルコ・アセンシオを高く評価している。今季はアセンシオがこのままレアルに留まると見られており、その代わりに同じ中盤を務めるイスコが放出される可能性が出てきた。

レアルは適切な価格のオファーが届けばイスコ売却に踏み切る考えのようだが、設定価格はなかなかに高額だ。同メディアによれば、レアルはユヴェントスMFポール・ポグバに1億ユーロ以上の金額が支払われそうなこと、そしてマンチェスター・シティがシャルケからFWレロイ・サネを5000万ユーロで獲得したことを考慮し、イスコほどの選手ならこの2人の中間くらいの値段が妥当だと考えているという。

ポグバほど高額ではないが、サネより価値が低いはずはない。レアルがイスコに抱いているイメージはそんなところだろう。イスコには以前からユヴェントスが興味を示しているとの話題もあった。今でもイスコの評価は落ちていないはずだが、今夏イスコはレアルを離れることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月6日(土)17時21分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。