ここから本文です

【MLB】イチロー11打席無安打 米メディア「打席に立てないことが記録の妨げに」

Full-Count 8月6日(土)14時16分配信

金字塔へ残り「2」も無安打が続くイチロー

 メジャー通算3000安打まで「2」と迫っているマーリンズのイチロー外野手は、5日(日本時間6日)の敵地ロッキーズ戦で3球三振に終わった。代打で登場も快音は響かず、これで11打席連続ノーヒット。7月28日(同29日)の本拠地カージナルス戦で二塁打を放ってからヒットが出ていない。ESPNは「毎試合、打席に立てないことが記録達成の妨げとなっている」と伝えている。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、イチロー年度別成績

 記事では「2998本から3000本に至るまでイチロー・スズキはしばらく時間がかかりそうに思える」と指摘。残り2本に迫ってから、イチローのスタメン出場は7月29日(同30日)のカージナルス戦の1試合のみ。限られた出場機会の中で、ヒットの出ない日が続いており、特集では以下のように言及している。

「事実、スズキは2998本から3000本安打を打つまでに、1900年から現在に至るまで3000本安打を達成した28人の選手よりも多くの時間を要するだろう」

「エライアス・スポーツ・ビューロー(米データ会社)によると、ウィリー・メイズとホーナス・ワグナーは5日間で2998本から3000本安打達成を果たした」

打席内容にも変化が…詳細なデータ紹介

 イチローは5日時点で試合のなかった日も含めて8日間ヒットが出ていない。すでにメイズとワグナーを上回っていることになる。もちろん、最大の理由は4番手外野手という立場のために打席数が少ないことだろう。29日のカージナルス戦の後、守備から出場して2打席に立った7月30日(同31日)以外の試合は、代打の1打席のみで、いずれも凡退に終わっている。

「毎試合、打席に立てないことが記録達成の妨げとなっている。彼は代打での出場機会を生かさなければならない」

 ヒットが出ない間、打席の内容にも変化が出ているという。記事では「彼は差し迫った状況にあるように見える」とした上で「スランプに陥る前、彼は42%の球をスイングしていた。しかし、最近の打席では53球中31スイング、つまり58%の球を振っている。そして31スイング中、12スイングはボール球だった」と詳細なデータを紹介している。

 偉業達成目前で訪れた、思わぬ足踏み。イチローのバットに米メディアも注目し続けている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月6日(土)14時27分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]