ここから本文です

ソフトバンク、日本ハム戦で極端な“大谷シフト”見せる

Full-Count 8/6(土) 14:25配信

打撃好調の大谷へ極端なシフト

 ソフトバンクが6日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)で極端な“大谷翔平シフト”を見せた。

 初回1死三塁のピンチ。3番・大谷を迎えると、遊撃・今宮はほぼ二塁ベース付近に。二塁・明石は一、二塁間を直線で結んだ真ん中の位置に陣取った。一塁・内川はほぼ一塁ベース付近に。三遊間はガラ空きとした。

 ここで球威のある先発の千賀は直球、スライダーで徹底した内角攻め。最後は2ボール2ストライクから、内角高めへの151キロ直球で空振り三振に仕留めた。

 三塁走者は足の速い西川。コリジョンルールにより、二塁方向へゴロが飛べば先制点につながる可能性は高い。左翼方向へも強い打球を打てる大谷だが、思い切ったシフトとバッテリーの配球で、打撃好調の大谷を封じ込めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/6(土) 14:35

Full-Count