ここから本文です

ベテランに非情な対応で批判続出のモウリーニョ「どこも似たようなことをやっている」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月6日(土)18時0分配信

理想のスカッドを作るため

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は自身のやり方が間違っているとは到底考えてなさそうだ。

先日、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーを構想外とし、リザーブチーム送りが話題となったモウリーニョ。このあまりにも非常な対応に世界中から批判を浴びているが、同監督に悪びれる様子はない。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「世界中のどこのチームを同じようなことをやっている。私の場合、20人のフィールドプレイヤーと3人のGKというメンバーでやりたいし、15年間それでやってきた。しかし今は23人のフィールドプレイヤーと3人のGKで始めることを決めた。これはとても多いんだ。そうするためにいくつか決断しただけだよ」

理想のスカッドを作り上げるため、実績のある選手を構想外とすることもいとわないモウリーニョ監督。今後も鬼の“リストラ”は続いてしまうのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月6日(土)18時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。