ここから本文です

ハム大谷翔平、自身2年ぶり2度目の1試合2発「2本目の方が感じはよかった」

Full-Count 8月6日(土)17時2分配信

15号2ラン&16号2ランで4打点

 日本ハムの大谷翔平投手が6日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で今季初の1試合2本塁打を放った。

 この日は「3番・DH」でスタメン出場。3回無死一塁で千賀から左翼本塁打テラスへ15号2ランを放つと、4点リードの7回1死二塁では左腕・嘉弥真からバックスクリーン左へ16号2ランをマークした。

 1試合2発は2014年7月5日のロッテ戦以来、2年ぶり2度目。「(2発目は)打ったのは真っすぐかシュートだと思います。特に真っすぐを狙ってたわけではないんですけど、いい感じに打てたと思います。(1試合2本塁打に対して)2本目の方が感じはよかったですね。いい追加点になったと思います」とコメントしている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月6日(土)17時11分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]